女性に多いといわれる「便秘」。便秘薬や浣腸に頼らなければいけないほど、辛い症状になっていませんか?このサイトでは薬に頼らない便秘解消方法を中心に、便秘予防対策、便秘に良い食べ物などを紹介していきます。

スポンサードリンク

北の大地の天然オリゴ糖

なぜ便秘は女性に多い?

「便秘」のイメージとしては、女性に多い症状と思っている人が多いのではないでしょうか。常に女性は、あらゆるダイエット法や便秘解消法を試しているという印象を持っている人も少なくないと思います。確かに、病院に便秘の症状で訪れるのは25歳~55歳の女性と高齢者が多いと言う報告もあります。しかし、日頃から女性の多くが便秘を気にしているからというだけではなく女性だからこその理由があるのです。

まずは「黄体ホルモン」の影響です。女性には生理があり、黄体ホルモンの分泌に波があります。排卵後から生理が始まるまでの間に"黄体ホルモン"が分泌されます。その間は、"大腸の蠕動運度"を抑制して水分や栄養の吸収を促進します。そのために、水分の少ない便になり、生理前になると便秘気味になる女性が多いのです。

また妊娠すると便秘になる人が多くいます。これは、妊娠により黄体ホルモンの分泌がさらに活発になることと、お腹が大きくなるために腸を子宮が圧迫することが影響しているのです。さらに出産後は腹筋が緩んでしまうので便秘をしやすくなります。この腹筋が無くなる事は、高齢者に便秘が多い原因の一つと言えます。

そして痩せたい願望を持つ女性が多いのも便秘が多い原因の一つでしょう。私も女性として、この気持ちは非常によく分かります。ですが、過度な食事制限を行ってしまうと便が作られず、便意をもよおしにくくなります。ダイエットを行って、体を壊しては意味がありませんし、便秘になってしまってはダイエットの成功も難しいですよね。

また体のラインを整える為のキツイ下着も腸の運動を妨げてしまいます。便秘解消法をダイエット目的で試す人もいるようですが、間違った方法で排便を促すと下痢を起こして体調を崩してしまいます。下痢をして痩せられれば良いかもと思っている人は、要注意です。ダイエットを正しく成功させる為には、食生活を見直して正しい排便リズムを整えていくことが大切なのです。

このように、女性はもともと便秘になりやすい要因を持ち合わせています。しかも現代の女性は、受験・仕事のストレスなどで気持ちが落ち着くときがなかったり、結婚、家事、育児・・・と、忙しくゆっくりとした時間を取ることが出来ない事も多いでしょう。だからこそ、便秘を解消して身も心もリフレッシュ出来るようにしたいですね。

▲このページのトップへ

ゴールドカード